0ケア(ゼロケア)

サロンできれいになったのに、髪が傷む!?

きれいなカールだったのに、日に日にパサついてツヤが無くなってきた…

自宅でヘアカラーをした後、薬剤の臭いが何日も取れない

縮毛矯正の後すごく傷みだした…トリートメントやヘアオイルでケアしてるのになぜ?

そんな経験はありませんか?

カラー、パーマ、縮毛矯正ってなぜ髪が傷むの?

それは主に、髪の内部や頭皮に残った「過酸化水素」と「アルカリ」のせい。
残留ダメージを取り除くには、適切なアフターケアが必要です。

「過酸化水素」「アルカリ」の大切な役割と、髪への影響

過酸化水素とは

カラーやパーマの2液としての過酸化水素水は、1液と混ざることで反応し、発色させたり髪の形状を保ったりするために使われます。
過酸化水素水は「オキシドール」という消毒液として市販もされていますので、ご存じの方も多いのではないでしょうか?
怪我の消毒に使うとピリッとした痛みがあり、傷口から白い泡が出て細菌を押し出します。
あの泡の正体は酸素で、オキシドールが体内にあるカタラーゼという酵素と反応することで発生しています。
施術後髪の内部や頭皮に残った過酸化水素は、紫外線や皮脂と反応して髪や頭皮のトラブルを引き起こします。

アルカリとは

施術中の刺激臭の元でもあるアルカリ剤は、髪を柔らかくしてキューティクルを開き、薬剤の浸透を促進させたり髪色を明るくさせるために配合されます。
その作用で薬剤がしっかり浸透して美しい仕上がりが実現できる反面、アルカリ剤は洗い流した後も髪に残ってしまいます。

髪本来の健康な状態は弱酸性なのですが、残留したアルカリ剤の作用でキューティクルが開いたままになり髪が傷んだり、薬剤の臭いが何日も残ったりします。

サロン専用のデトックストリートメント「0ケア(ゼロケア)」

シャンプーだけでは落とせない、髪の内部の残留ダメージ。
トリートメントやヘアオイルでそのまま閉じ込めてしまってはいけません。
ダメージの原因を一刻も早く取り除くことが、美しい髪と健康な頭皮を守る近道です。

「ゼロケアシリーズ」は、「余計なダメージをお家に持ち帰らせない!」ことを目的とした、サロン専用のデトックストリートメントです。

過酸化水素の除去には… CZ(カタラーゼット)

ヒトの体内にもある酵素「カタラーゼ」の力で過酸化水素を水と酸素に分解し、安全に除去します。

アルカリの除去には… 酸ジェル

髪に浸透しやすい特殊なジェルでアルカリを中和し、健康な弱酸性の髪に戻します。
しぶとく残りやすいアルカリも、5日間のホームケアで徹底的に除去しましょう!
海水もアルカリ性なので、海でのレジャーのアフターケアにも。